rain2

maintenance

家族みんなで我が家の家屋診断!

5年目じゃ…まだ新築だから大丈夫!と安心していませんか?気にはなるけど…
どこに頼んだらいいか?
そこでまず、大切な家を守るためにご家族で家屋診断されることをお勧めします。
これならゆっくりと確かめながら診断できます。!この機会に是非お試しください。
さぁ!あなたも下の家屋診断表をプリントアウトして早速、外にでてみてください。

膜厚が不足し性能(弾性・耐久性)が
発揮されません。
各塗料の定められた規定に従った使い方が
必要です。

 サビている。
 塗料がはがれている。
 色があせている。
 傷みが激しい
  8ポイント
 傷んでいる     4ポイント
 特に問題ない0ポイント

 色があせている。
 カビや汚れが発生している。
 白い粉が手につく。など
 傷みが激しい
 12ポイント
 傷んでいる     6ポイント
 特に問題ない0ポイント
 色があせている。
 サビや汚れが目立っている。
 塗料がはがれている。など
 傷みが激しい
  3ポイント
 傷んでいる     2ポイント
 特に問題ない0ポイント
 カビや汚れが発生している。
 塗料がはがれている。

 傷みが激しい
  3ポイント
 傷んでいる     2ポイント
 特に問題ない0ポイント

 ひび割れしている。
 シーリング材がはがれている。
 かたくなっている。
 傷みが激しい
  8ポイント
 傷んでいる     4ポイント
 特に問題ない0ポイント

 サビている。
 塗料がはがれている。
 白い粉がてにつく。
 傷みが激しい
  8ポイント
 傷んでいる     4ポイント
 特に問題ない0ポイント

 サビている。
 塗料がはがれている。など

 傷みが激しい
  3ポイント
 傷んでいる     2ポイント
 特に問題ない0ポイント
 破損やヒビがある。
 カビや汚れが発生している。
 塗料がはがれている。
 傷みが激しい
  3ポイント
 傷んでいる     2ポイント
 特に問題ない0ポイント

合計    ポイント

21ポイント以上

11〜20ポイント

0〜10ポイント

各部で傷みがかなり進んでいる為、
早急にリフォームが必要です。

各部で傷みが見られます。傷みの進んでいる部分を
中心としたリフォームをお勧めします。

今は大きな問題はありません。この状態を維持するため
に将来のリフォーム計画を早めに考えておきましょう。

「塗り替え」には、
入念な事前打ち合わせが最も大切です。


大切なお住まいを美しくよみがえらせる為には、施工店との十分な打ち合わせが
重要になります。建物の現状を認識していただき、施工法についても
ご理解いただくことが「塗り替え」成功の秘訣です。

Q.

A.

施工店の方に「シーラーで下塗りをする」と言われましたが、必要ですか?

必要です。塗り替えでは密着性を重視します。
シーラーの役割は、1.アルカリ押さえ効果
2. 吸い込み止め効果 3 密着性向上です。
ちなみにシーラーとは“覆い隠す”という意味があり、
主に吸い込みのある素材に適用する下塗り材の
ことを指します。
ご心配ありません。下地の細かいひび割れを
補修する材料としてフィラーがあります。
フィラーは目止めという意味があり、本来の役割は
躯体の細かいひび割れを埋めたり、表層を平滑に
することです。

細かい亀裂がたくさんあり、
きれいに直るのか心配です。

A.

Q.

これは、チョーキング現象(白亜化)です。熱、
紫外線、風、雨などのために塗膜が劣化し、
塗装表面が次第に粉状に消耗していく現象を
いいます。

壁をさわると白い粉がつきますが… 

A.

Q.

これは、塗膜の割れ(クラック)です。塗膜に
裂け目が出来る現象をいいます。
下塗り塗膜または素地に達している深い割れを
クラック、塗膜表面の浅い細かいひび割れを
ヘヤークラックといいます。

壁に長いひびが入っているのですが… 

A.

Q.

これは、変褐色です。塗装した後、塗膜の劣化に
よって塗膜表面の色が減退したり何らかの原因で
元の色と異なった色に変化する現象です。

新築の時と、屋根の色が随分違うように
思うのですが…
 

A.

Q.

ご心配いりません。ペーパー等でサビを
除去した後、変性エポキシサビ止め塗料を
塗装します。サビ落としを十分にすることが
後々のもちに大きな差となって出てきます。

門扉(鉄部)の“サビ”が気になるのですが… 

A.

Q.

A.

Q.

トタンのサビ

トップへ

塗料は、よく薄めたほうが
キレイに塗れるのでしょうか?