rain1

 何社からも見積書を取る場合、気をつけたいことは、その見積もり金額の根拠が
しっかりとしているかどうかです。
安価で良質な施工を求めるのは当然のことですが、施工プランも示さず、
現場調査もいい加減で、ただ「安くしておきます」という一点張りの業者の言葉に
安易に飛びつかないこと。
大事なことは、「なぜ安いのか、
なぜ他社と比較して高いのか」という根拠をしっかりと
把握することです。
高いものにも安いものにもそれなりの根拠があり、そのことをしっかりと説明できる
業者が信頼できる業者ということになります。

「色彩工房 楓」では、住まいの状況が現在どのようになっているのか、補修が必要な
箇所はどこか、どのような補修方法があり、お家にとってどの方法が最良なのかなど、
具体的に分かりやすく説明しています。
また、いくつかの施工プランを提示し、プランごとのメリットとデメッリトを説明した上で、
どのプランがお客様にとって最良なのかを提案しています。

家屋の塗り替え、いったい、
いくらかかるの?

price

施工店を選ぶポイントは?

塗り替えを成功させる秘訣は何と言っても
信頼できる施工店に依頼することです。

 さて、一番気になるところが価格だと思います。
家屋の塗り替えの見積り価格は、

1. 面積(u) 
2. 作業の工法
3. 使用塗料のランク 
4. 現在の躯体の傷み具合などによって変わります。

したがって、一度、現場調査をしなければ正確な見積り価格を提示するのは
大変難しいのですが、ここでは目安となる当社参考価格を表示いたします。

トップへ